葬儀費用を抑える

格安に葬儀を行うには

お墓参り

葬儀会社をお得に利用する方法は、やはり事前に準備しておくことにつきます。不幸がおきてから慌ただしく依頼をしても、一方的に提示される条件を受けいれるのに精いっぱいで、結局高くつく結果になります。 今は「終活」といって、自分の最後のセレモニーを自分でプロデュースすることが流行っています。自分の死に対して前向きに考えるのが時代の流れです。そうすることで自分らしい葬儀ができ、そして残された遺族も葬儀会社をどこにしようとか、葬儀費用をどうしようとか考える必要がなくなります。 葬儀会社のほうでも生前から葬儀プランの申込みを受け付けています。また、事前見積もりもできます。積極的に葬儀会社と関わって前向きに行動することがコストを抑える秘訣です。

基本プランとオプション

葬儀にかかる費用は基本プランの費用+オプションから成り立ちます。基本プランは規模や形式によって異なり、オーソドックスな「一般葬」なら100万円、アットホームな「家族葬」なら60万円位がだいたいの相場です。 この基本プランにプラスされるのがオプション料金です。オプションで必要なサービスをつけ足せば、自由に葬儀をアレンジできます。通夜振舞いの料理や会葬返礼品なども、オプションで加えることができます。ちなみに通夜振舞いは人数によって異なり、10人規模だと5000円くらいが相場です。会葬返礼品は1000円くらいが相場のようです。 また、読経をしてくれた僧侶へのお布施代も必要になります。だいたい5万円〜20万円あたりがお布施代の相場です。