各家族時代の問題

家族形態の変化によって出現したサービス

会場

高齢化の影響によって、高齢者世帯も事情が複雑になっています。高度経済成長を支えた時代の人達は、生まれ育った土地を離れ都会に定住している人が大勢います。日本の代表的な家族形態を構成する事になった核家族化が始まった世代でもあります。子供たちが独立をした後は夫婦だけで生活をする世帯も急増し、配偶者に先立たれた人は一人暮らしを行っています。このような家族のスタイルが変化している中で、注目をあつめている新しいビジネスが遺品整理です。子供たちには負担をかけたくない、一人暮らしだから死後の整理に困っていると言う方に遺品整理は幅広く支持をされており利用者を拡大しています。家族形態の変化と責任感によって登場したサービスとも言えるでしょう。

最期まで責任を持ちたい方に利用されている

全国各地に遺品整理サービスを提供する業者が増えているので、お住まいの地域でも業者を選ぶことができるはずです。以前は遺品整理は家族や友人が行っていましたが、忙しい人が増えている中で自分の事は最後まで自分を持ちたいと考えている人も増えています。そのような人は、生前元気なうちに遺品整理業者と契約を結ぶことも一般的になっています。責任感が強く、他人に迷惑をかけたくないと考えている人にとっては遺品整理業者は救世主の様な存在になっているのかもしれません。必要とするサービス内容を事前に確認して、契約を結ぶことができるようになっているので、誰にも迷惑をかけずに旅立ちたいと考えている人にとっては、重要なサービスです。