慌ただしい準備

最期のお別れを行う準備

花

葬儀と聞くと、告別式だけを指しているように感じる人も大勢いると思いますが、大切な人を送り出す儀式全般を葬儀と考える方がしっくりとくるはずです。葬儀を主催する経験は人生の中でも数回程度に限られてくると思います。息を引き取ったばかりの親族を目の間にしながら考えなければならないのは、送り出すための準備です。多くの人は悲しみに暮れていますし、もしも突然のお別れであったとしたら気が動転してしまいます。そのような中でも葬儀の準備を行わなければならないので、慌ただしく時間が過ぎて行きます。限られた時間の中では必要な情報を得ることが難しいので、一般的には葬儀会社の指示に従って執り行うことが大半を占めることになるはずです。

元気な間に葬儀を決めておく

以前は葬儀の手配は残された遺族が行う物でしたが、最近では故人が生前に葬儀について取り決めておくと言うスタイルが普及しています。最後まで自分らしくありたい、残された家族に負担をかけたくないと考えている人々の間で自分が他界した後のことを取り決めておく動きが活発化しています。誰でも必ず息を引き取る日がやってきますが、希望の葬儀スタイルがあったとしても他界してからでは意思表示をすることができません。事前に書面に残しておくことで家族への負担を軽減させることができますし、自分の希望とする最期を迎えることができるようになります。何でも自分のことに責任感を持って遂行する人に適した考え方として広く受け入れられるようになっています。