亡き人を想う

ピックアップ

花

慌ただしい準備

葬儀は故人を送り出す儀式であるため、遺族は葬儀の準備をすることになります。葬儀会社に依頼することで全ての段取りを教えてくれ、祭壇の準備など殆どしてくれるのでプロに任せて故人を慎みましょう。

もっと読む

お墓参り

葬儀費用を抑える

葬儀には非常に大きなお金がかかってしまいます。そのため、少しでも葬儀費用を減らしたいと考える方は多いのです。葬儀の費用を安く納めるためには、事前にセッティングを行うことが大切です。

もっと読む

葬式

費用はどれくらい

親族が亡くなった後、葬儀をしなくてはいけません。葬儀は宗教によってやり方が違いますが家族は準備をしなくてはいけません。一般的な葬儀の平均的な相場について紹介していきます。

もっと読む

事前に準備しておく

核家族化の進行で従来の因習に変化が見られる

拝む女性

日本では檀家制度が維持されており、先祖代々の墓が故郷にある人が多くいます。しかしながら都市化の進行によってこの檀家制度の維持が難しくなって来ています。核家族化も進展しているため、新たに都市部に墓を設ける人が増えてきています。最近は墓石業者が社寺や霊園と組んで永代使用権の販売を行っています。価格は面積と墓石によって決定しています。当然のことながら面積が大きくなると価格は高くなりますが、最低限の広さが決まっていますので、価格にも最低価格が存在します。墓石については使用する種類のよっては価格に大きな差が発生します。基本的には御影石を使用することが多いのですが、質による差が大きいうえに大きさによっても異なります。

今後も墓地の不足は続く

団塊の世代が現役を離れ始めています。少子化の影響もあり、既に日本では生まれる人数より亡くなる人数の方が多くなっています。今後もこの傾向は長く続くことが予想されておりますので、今後墓地の不足が想定されています。個人の考え方が多様化しているので必ずしも墓に拘らない人も出て来ています。散骨を望む人にとっては墓石などは必要がありません。今後社寺の経営も檀家制度の崩壊によって厳しくなることが予想されます。しかしながら依然として郊外では墓石業者による霊園の開発も進められています。また、お参りの利便性を考えたアパート形式の霊廟を建設する業者も出て来ています。多様なニーズに対応する様々なサービスが今後も考えられると思われます。

トピックス

会場

各家族時代の問題

高齢化が進んでいることもあり、高齢者が一人暮らしで突然亡くなったしまうと、家族は処分していいものなのか整理に困ってしまいます。そういう時は遺品整理業者にお願いしてキレイにしてあげましょう。

もっと読む

関連リンク

  • コープ葬祭センター

    専門業者が迅速な対応をしてくれるので、葬儀を埼玉の業者にお願いしたいと思っているならこちらからとなります。
  • 有限会社 石のいがや

    大阪で墓石選びをしている方は要チェック!文字や家紋を刻むことが出来るので、多くの人々が利用しているそうです。
  • 株式会社八光殿

    家族葬なら城東区ですぐに申し込みができるところを確認してみませんか?気になる人はサイトにアクセスしてみるといいです。

ナビゲーション